忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2019/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伯母さんから招待券を譲り受けたので、DRUMLINE LIVEに行ってきました。withおかやん。

このDRUMLINEのショーは、「マーチングバンドにブラックミュージックのエッセンスを取り入れ」、「フットボールのハーフタイムショー用のパフォーマンス」として発展したもの……として理解すればいいのか。
(もともと音楽はさほど詳しくない上、マーチングバンドもブラックミュージックもきちんと概念を捉えているわけではないので、いつも以上に上滑りな話になってしまってごめんなさい

で、肝心のショーですが。
演奏はもちろん、歌やパフォーマンスもエネルギッシュで迫力があって、ステージから目が離せませんでした。
「アメリカの黒人文化を堪能してください」みたいなキャッチコピーは正直ピンと来なかったけれど(未知の世界だ……もっと勉強しよう)、とにかく圧倒されました。
パーカッション・アンサンブルがすごく印象に残りました。パーカッションつながりで、なんとなく、韓国のミュージカル・ナンタを思い出した。ナンタというよりはサムルノリ、なんだろうなあ。


「せっかく招待券もらったんだし、行かないともったいないなあ」なんて軽い気持ちで行ったけれど、行ってよかった。(むしろ暴言を吐いてごめんなさい)楽しいひと時でした!
PR

 - ROYAL STRAIGHT FLUSH -

ポルノグラフィティのライヴ@さいたまスーパーアリーナに行ってきました。またもやwith妹。
チケットを購入したのは昨年11月半ば、まさに修論の真っ最中。書き切るための「励み」のひとつでした


ライヴに足を運ぶようになって早5年。アリーナではないけれど、今まで一番ステージに近い席でした。
アキヒトが跳ねているのが見える!ギターをかき鳴らすハルイチが見える!うああ!


びっくりするほど密度の濃いセットリストだった……。
「リビドー」が!「ROLL」が!更には「月飼い」が……!(←ネタバレにつきあぶりだし仕様)
アンコールの「ダイアリー00/08/26」とか、もう、隠れた名曲まで登場して感激。はじめて生で聞けて本当によかった


いつもはなんとなく覚えていられる曲順も、今日は全然ダメ。
数々の思い入れのある曲に身を委ねて、来場客の熱狂に包まれて、もう頭が真っ白!

アキヒトもハルイチも相変わらず格好いいし、夢のようなひと時でした


5月に追加公演が行われることが決定した、今回のライヴ・サーキット。
不覚にも先行予約を2回も失念し(ばかだねー)、すっかりあきらめモードに入っていたところでしたが、思いがけなく別の先行予約経由で予約に成功
いいんだ、席がぐぐーっと後ろでも構わない、生で音楽を体感したいんだー!

というわけで、年内にもう一度ポルノグラフィティのライヴに参戦できそうです。
これを励みにばりばり「仕事」するぞー。

馬ににんじん大作戦。

ポルノグラフィティの野外ライヴ@横浜スタジアムに行ってきました。
with妹。

お昼過ぎまでは比較的よい天気で、このまま乗り切ってくれるかな?と淡い期待を抱いていたものの、ライヴ開始30分後にはゲリラ雷雨到来……。

妹が持参したレインコート&ポリ袋(荷物用)のおかげで、最悪の事態はまぬがれました。
悪天候に備えて履いたスニーカーは見事に浸水したものの、こちらは予想の範囲内なのでOK。

空を奔る稲光、バケツをひっくり返したような豪雨。
それらに負けじと歌い、演奏を続けるチーム・ポルノグラフィティ。

マイクは壊れるわ、ギターは壊れるわ、その他水に濡らすと確実にまずい楽器がたくさんあったはずなんだけれど、それでも最後までやりとおしてくれた。拍手

すさまじい雨と雷に気を取られて、ちょっと記憶があいまいだったりもするけれど(曲順とか覚える余裕なかった……!)、思い出に残るライヴとなりました。大満足


ライヴ終了後は、妹と夕食。
渋谷に新しくできた(と思われる)しゃぶしゃぶの食べ放題のお店に行く。
炭水化物類を無視し、ひたすら野菜とお肉だけを食し続ける姉妹。

「肉を食べるなら野菜も!」と意気込み過ぎて、野菜だけでものすごくお腹が膨らんでしまった……。結果的には、これでいいのかしら。


帰宅後は、ただただくったり。
お仕事は、気合いを入れて、また明日。
師匠にピアノリサイタルの招待券をいただいた。

ありがたいことに、ここ数年は年に1、2回ほどこのような機会に恵まれている。
「よかったらお友達を3人ほど誘ってみてね」と言われるのだけれど、これが結構難しい。大体話が突然降ってくるものだから、開催1~2日前に誘ってもなかなか人が見つからない。(正直、誘うほうもちょっと心苦しい……)

今回はゼミの先輩と、お友達のかもさんに「ラブコール」。


管弦楽、吹奏楽も好きだけれど、ピアノソロもすてき。
ピアノという楽器と、演奏者の腕で、あんなにも多彩な音を奏でられるんだなあって思った。

ベートーベン「田園」は、後半に向うにつれて、どんどん音がきらきらしていく、そんな印象を受けた。弾むような、そんな。

演奏者の動きも含めて、生の演奏は臨場感がありますね。
すごくよかった
直感で答えるポルノグラフィティ。
おもしろそうだったのでmixiから拝借。

とりあえず直感で答えてみよう。


1.ポルノでいちばん「のれる」曲は?
「渦」
 
2.ポルノでいちばん「聴いた瞬間ビビッときた」曲は?
「ネオメロドラマティック」

3.ポルノでいちばん「男前!」な曲は?
「Name is man ~君の味方~」

4.ポルノでいちばん「エロい」曲は?
「まほろば〇△」

5.ポルノでいちばん「可愛い」曲は?
「Aokage」

6.ポルノでいちばん「ずしっと来た」曲は?
「鉄槌」

7.ポルノでいちばん「カラオケで歌いやすい」曲は?
「アゲハ蝶」

8.ポルノでいちばん「泣ける」曲は?
「Winding Road」

9.ポルノでいちばん「きれいな」曲は?
「グラヴィティ」

10.ポルノでいちばん好きなタイトルは?(好きな曲は?ではなく、ネーミングという意味で)
「ラビューラビュー」

11.イライラしてるときはこれを聞いて発散!する曲は?
「ラック」

12.落ち込んでるときはこれ!な曲は?
「Century Lovers」

13.カラオケに行きました。最初に入れるポルノ曲は?
「サウダージ」

14.いま、聴きたいポルノは?
「ベアーズ」

15.「これぞ名曲」・・は?
「渦」


「渦」にはじまり「渦」に終わる。
どれだけ被らずに書けるかなー……と思ったけれど、やっぱり「渦」は外せない

かれんだー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]