忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2019/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当たり前です。
ポツダムはベルリンのお隣、ブランデンブルク州の州都です。ベルリンの一部のはずがない。

しかし大事なことなのでもう一回いいます。
ポツダムはベルリンの一部ではない。決して。


前置きが長くなりました。
今日はポツダムのクリスマス・マーケットに行ってきました。
さえぼーさん情報によると、とっても可愛いポツダム・カップがあるとのこと。これはチェックせねば!

DSCF3947.JPG

ポツダム駅からバスに乗って、ブランデンブルク通りへGO!
ながーい通りに、屋台がずらりと並んでいます。おお、シュパンダウと同じスタイル。この慣れ親しんだスタイルが一番好きです。

さてさて、お昼はなににしよう?と、わくわくしながら歩いてみる。

その過程でぼけっと考えていたこと。


そのいち
「クラカウアー・ソーセージ」はクラカウ(クラクフ)でも食べられているのか?


日本で知られている「フランクフルト・ソーセージ」は、ドイツの「フランクフルター・ソーセージ」とは異なるもの。(前者は焼きソーセージ、後者はボイル)
これと同じで、ドイツで「クラカウアー」(クラカウ風)と呼ばれているこのソーセージは、現地でも同じ名前で親しまれているのでしょうか?

未だに結論には達していませんが、「ポーランド料理」の屋台に「クラカウアー」があったので、クラクフでも普通に食べられているのではないかという説が浮上。

DSCF3949.JPG

ぐだぐだいっておいてなんですが、わたしはこのスパイシーで歯ごたえのあるソーセージが大好きです。


そのに
「Kartoffelpuffer」という呼び名は地方によって異なる?


スライスしたじゃがいもをからっと揚げる、パンケーキ。
ラインラントではReibekuchenといいます。しかしベルリンっこには通じなかった。

どっちのほうが「一般的」なんでしょうね?

まあ名前なんてどうせ恣意的なものなので、ちゃんと「想定されるもの」が出てくるのであれば名称にはこだわりません。数年ぶりに食べたKartoffelpufferはおいしかった。


今回、ようやく「食べなくちゃー」と前々から思っていたGebratene Mandeln(アーモンドを炒って砂糖がけしたもの)を購入。これ大好きー!やめられない、とまらない、です、まさに。


クリスマス・マーケットの通りがそろそろ終わるかな?というところで、「ホンモノのブランデンブルク門」登場。

DSCF3953.JPG


このブランデンブルク門、ベルリンのブランデンブルク門よりも20年前に建てられた「最古のブランデンブルク門」らしい。でも、ロケーション的にも規模的にも、注目を浴びている(?)のはウンテル、デン、リンデンのほうだよね……。

ここからサンスーシ宮殿を目指してお散歩。

DSCF3962.JPG

夕暮れのサンスーシ公園。
ちなみにまだ午後3時。

DSCF3957.JPG

とても寒そうです。

DSCF3966.JPG

宮殿前の噴水も凍っています。
なんと、

DSCF3965.JPG

かもさんたちは凍った池(もどき)の上で各々のんびりと過ごしております。君たち寒くないのかい?

ポツダムはベルリンの「お隣さん」なので、気温的にもさほど変わらないものかと思いきや、ものすごく寒い。手袋をはずしてカメラを構えるだけで指先がじんじん痛む。綿の入ったブーツを履いているにもかかわらず、つま先もすっかりかじかんでいる。
 

DSCF3969.JPG DSCF3970.JPG DSCF3971.JPG
 

周りになにもないから(吹きさらし!)とか、
池があるからとか、
理由はいろいろありそうだけれど、

この寒さを体験すると、もう「ポツダムはベルリンの一部である」なんて口が裂けてもいなくなる、そんな気がする。体感温度10℃くらい違うんじゃないだろうか。別世界です!

しかしサンスーシ公園内の風景はとても幻想的でうつくしかった。


冬のサンスーシはとてもさみしいところと聞いていましたが、今日は天気がよかったせいか人出も多く、だいぶにぎやかでした。しかし新宮殿にたどり着いたころにはどっぷり日も暮れて、

DSCF3973.JPG

そろそろ「さみしい」感じになってきます。

日が短いので行動時間は限られるけれど、冬のサンスーシには冬にしかない情緒もあるよねえと思ったのでした。



とてもおもしろかったのは、宮殿横のなだらかな坂で、ソリやスノーボード(!)を楽しんでいるひとたちがたくさんいたこと。

DSCF3967.JPG

世界遺産でウィンタースポーツ!なんとゼイタクなことでしょう。
PR

無題

> かもさんたちは凍った池(もどき)の上で各々のんびりと過ごしております。君たち寒くないのかい?

みぃたなあああああ.寒いに決まってろうが.
あーたのコートをくださいまし.にへら.
by かも URL 2010/12/23(Thu)08:10:42 編集

ぎゃー

お い は が れ る !
by YuN 2010/12/25(Sat)06:37:08 編集
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]