忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルベルト・フランケッティのオペラ「GERMANIA」を観に行きました。
……「ゲルマーニア」?「ゲルマニア」?イタリア語歌劇なので、発音は「ジェルマーニア」なんだけれど。

タキトゥスの『ゲルマーニア』が念頭にあったため、舞台が「1806年ドイツ」と知ったときはちょっと面食らった。ドイツ・ナショナリズムの時代!そして登場人物はフェデリコ、カルロ、ジェイン……といかにもゲルマン系ではない名前の面々ばかり。

「なんちゃってドイツ歌劇」だったらどうしよう……と、どきどきしながら観に行ったせいか、いい意味で期待を裏切られました。
割とモダンな演出で、ときどき「見づらい」こともあったけれど、影の使いかたが非常に印象的で面白かった。


1806年、ナポレオンの支配下にあるドイツ。
学生であるフェデリコとカルロ、およびその仲間たちは、ドイツ解放のために水面下で活動を行っていた。

フェデリコが不在の間、婚約者であるリーケはカルロに誘惑されていた。
フェデリコとカルロの決闘を未然に阻止するため、リーケはこの件に関して黙秘せざるを得ない。

しかし結婚式の当日、良心の呵責からリーケは失踪、フェデリコは彼女とカルロの間にあったできごとを察してしまう……。


政治的な内容のオペラかと思いきや、結構恋愛よりのストーリーでした。

フェデリコとカルロ、
フェデリコとリーケ、
リーケとカルロ……

たしかに妥当ナポレオンを目指して学生が談義していたり(フェデリコ、カルロの友人はフィヒテ、フンボルト、シュレーゲル兄弟……と豪華メンバー勢ぞろい)、実際にナポレオン軍に戦いを挑んだりしているけれど、それ以上に「人間模様」がクローズアップされている。


当初、リーケとカルロの関係がよくわからず、「???」となりながら観劇していましたが、全体としては非常に理解しやすい筋。音楽は、プッチーニのような華やかさと、ワーグナーのような重厚さを持ち合わせている……というのが、わたしの受けた印象。

フェデリコが自らの名誉をかけてカルロに決闘を挑む際、まさかのルイーゼ王妃が登場、ふたりを和解させたのにはさすがにびっくりした。(ルイーゼ王妃の歌唱は1分弱)


しかし、この時代は「誘惑者」が一方的に悪者になるんでしょうか?
フェデリコはリーケを責めず、リーケも(フェデリコと引き裂かれたことについて)カルロを一方的に恨もうとする(が、フェデリコに諭されてカルロを赦す)。常に「リーケは(残酷な運命の)被害者」という描かれかたになっているのが、ちょっと気になった。


DSCF4870.JPG


ああ、ドイツ・ロマン派の生きた時代だなあ……と、台詞(歌詞)の端々からうかがえた。
……でも、ここで「なつかしい」と思うのはアウトであって、もっと勉強しておけばよかった!というが正直なところ。
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]