忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午前中~お昼にかけてハカセ(仮)の参加している勉強会にくっついていった。
聖書(ゴート語)を読む会。まことに残念だけれどひとっこともわからん。

聖書の勉強をしないとなあとは思うけれど、いきなり外国語はハードルが高すぎる!

そんなわけで、自分の作業に着手&ときどき幼児と遊ばせていただいたのでありました。


夕方からは韓国人のお友達と再会!
ベトナム料理を食べながら、近況報告。
積もるはなしはたくさんあるけれど、楽しい時間が過ぎるのはあっという間だねえ……。

Sくんと合流し、ベルリン・ドイツ・オペラで『マクベス』を鑑賞。
つい先日、新演出として初日を迎えたばかり。
ああ、3か月ぶりのオペラだ!

『マクベス』と聞いて思い出すのは、10年前に受けた英語の授業。
シェイクスピアの英語がわからず「あ~う~」とわめいていた記憶があります。
「マクベスのモノローグを現代英語に直せ」という問題が試験に出て、テキストの横に出ていた現代語訳(現代英語による解説つきの教科書、持ち込み可の試験)にすがりついた覚えがあります。

はなしの筋は、原作に忠実。
思い入れがあるせいか、同じヴェルディ作品でも『オテロ』より『マクベス』のほうがわかりやすい。

演出がまたおもしろかった。
まるで「独裁化していく共産主義国家」を彷彿とさせるかのような舞台。
ダンカン王に従うマクベスとバンクォー。「いずれ王になる」という魔女の予言を受けたマクベスは妻に背中を押され、王を暗殺、同じく魔女によって「王の父となる」と予言されたバンクォーをもなき者にする。

ここからはじまる独裁体制。
スターリンを思い起こさせるでっかい肖像画、コンクリートの壁にびっしりと貼られた写真(遺影?)。コンクリートと書きましたが舞台は始終灰色で薄暗い。とにかくおどろおどろしい。

案の定「どっちがマクベスでどっちがバンクォーだ問題」が発生しかかりましたが、『オテロ』よりも登場人物が少ないのでさほど混乱せず。

音楽はわかりやすく、演奏、ソリストたちのパフォーマンスはとにかくすばらしい。

CIMG0151.JPG

「しゅっちょう」の間に一度は行こうと思っていたオペラ。
この3人で聴きにいくことができて本当によかった。
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]