忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツ文化センターの朗読会に行ってきました。
トークのゲストは若手女性作家のJudith ZanderとAnn Cotten。

Ann CottenのFloridaräumeははじめて聴く作品。
今回朗読された個所は、ロボット(人間の彼女持ち)へのインタビュー。
「どんどん賢くなって、会話も高度になっていくロボット」がコンセプトらしいのだけれど、言語実験的なところもあって面白そう、という印象を受けた。機会があったら読んでみたい。ゲーテの図書館でも借りられるのね。ゲーテの図書館って利用料金いくらだったかな……。

Judith ZanderのDinge, die wir heute sagtenは昨年ドイツで購入し、手元にある本。本棚に納めたまま、読む機会を逸していたのだけれど、今回の朗読会の連絡を受けて60ページほど読んでみた。
メクレンブルクのアンクラム(航空パイオニアのオットー・リリエンタールの出生地)出身の作家で、フォアポンメルンの片田舎を舞台にした作品。9人の語り手が代わる代わる、死んだ「ある女性」の話題を中心に語りはじめる……。ばりばり方言(低地ドイツ語:プラット・ドイチュ)も使われているのですが、それぞれの語り手の特徴が語り口にも表れているのがすごくおもしろい。この夏、息抜きに読みたい一冊。


朗読会/トークのあと、歓談の時間もあったのですが、Zanderさんとちょっとお話する機会がありました。サインもいただきました!わーい!
昨年冬、ロストックの近所の本屋さんでも朗読会が告知されていて、気になっていたけれど行けなかったんだった……今回の朗読会へ行くことを決めたのも、Zanderさん本人が来る!と聞いたからこそ。いやはや、貴重な体験でした。作家さんとお話するのははじめてだけれど、緊張するね!

この日、会場で扇風機がフル稼働していたのは省エネ対策ではなく、単純にクーラーが壊れていたからだとZanderさんにこっそり教えてもらいました



朗読会の途中で、大きめの地震。
外出先で地震にあったのは、(エレベータ内を除けば)これがはじめてかも……。

ドイツからいらしたゲストたちは、「はじめて」の地震に戸惑っているようでした。
そりゃあそうだよね。びっくりするし、こわいよね。

PR

低地ドイツ語

低地ドイツ語の友人を何人か現地に持っておりますが、なかなか勉強が進みませんね。来年はHamborg, Holsteen, Meckelborg等へ行き、低地ドイツ語の友人たちに再会したいと考えております。
by wy1 2011/09/02(Fri)11:21:18 編集

Platt

お返事遅くなりました。はじめまして、いらっしゃいませ。
低地ドイツ語を勉強されているのですか!(地名の表記がすでに……)自分は「勉強が進まない」以前のステージにいるので、尊敬します。半年ほどロストックに住んでいましたが、低地ドイツ語をしゃべる方とお話する機会はなく、未だに文字を声に出して「なんとなく」意味を取ろうとするレベルです。
by YuN 2011/09/11(Sun)19:02:04 編集
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]