忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2019/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Saarbrücken ist nicht weit.

ザールブリュッケン、と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、80年代ドイツの歌姫、Nicoleの歌。

ザール川のほとりにあるこの小さな街に、やってきました。
フランクフルトからTGVで2時間。たしかに、ザールブリュッケンは遠くない。

なぜここに来たのか。

ひとつは、「ドイツ16州を制覇してみたい」と思ったから。
今回の留学でメクレンブルク・フォアポンメルン、シュレースヴィヒ・ホルシュタインに足を踏み入れることとなり、あとを残すはザールラント(州都ザールブリュッケン)だけとなりました。フランクフルトまで来たなら、もう、行っちゃえ!と思った次第です。

あとは、もうひとつ。単純に街を見てみたかったから。
ザールラントは小さな州です。フランス国境に近く、もう、ロレーヌ地方とは目と鼻の先。
上に挙げた歌くらいしか、思いつくことがないくらい、このザールブリュッケンという街のことを知らない。


そんなわけで、今日、ここにやってきました。

2時間という限られた時間の中で、せかせか観光!なんか、3年前の周遊が思い出される……。あのときはジャーマンレイルパスがあったから、割と好き勝手できたんだよなあ。


以下、ザールブリュッケン観光をダイジェストでご紹介。

DSCF7630.JPG

市庁舎。さすが州都、立派です。
19世紀末~20世紀初頭にかけて造られたとのこと。

DSCF7640.JPG
 DSCF7638.JPG

トラム。丸っこくて可愛い。
いろんなカラーがあるようで、ほかにも青の走行を確認。
トラムのデザインは街によって違うので、見ているだけでも楽しい!

ちなみに、

これまで見たトラムの中でザールブリュッケンのバツグンに可愛いと思う。
 
DSCF7633.JPG

「ポスト」って書いてあったから、郵便局なんだと思うけど。
今もちゃんと現役なのかな?日曜日だったし、反対側の道にいたのでよくわからない。それにしても立派な建物!
 
DSCF7643.JPG DSCF7644.JPG

かつてローマ帝国領だったこともあってか、
ローマにゆかりのあるものをちらほら見かける。
オヴィディウス、という名前のお店。たぶん飲食店。
すぐ向かいには、カラカラという名前のお店も。食器屋さん?
 
DSCF7655.JPG

広場から横道に入ると……

DSCF7650.JPG

こんなお店を発見!
ジャパニーズ・ブラッサリーだって!残念ながら日曜日は定休日。
 
DSCF7652.JPG DSCF7654.JPG

ここは、Fröschengasse(カエル横町)という名前の通り。
うーん、こういうのだいすき。
 
DSCF7649.JPG

ザール川付近にやってきました。
このザールラント国立劇場は、1935年、再びドイツ領となったザールラントへヒットラーが進呈した「贈りもの」だそうです。……ドイツにとっては「アウトバーン的位置づけ」になるのかしら。
 
DSCF7647.JPG

Alte Brücke(古い橋)。
対岸の、小高い丘にはお城が建っています。

でも、
 
DSCF7667.JPG

結局どれが「お城」なのかよくわからなかった。これ?
「お城の庭園」に面している建物といえば、これくらいしか……。うーん。
 
DSCF7671.JPG

ローマ帝国の武将……のはずなんだけど。
看板を見て「行かなきゃ!」と思ったはいいが、

肝心のお名前を綺麗に忘れた。

誰だー。
 
DSCF7674.JPG

ルートヴィヒ教会。バロック様式。中は真っ白!
あまりに静謐で、写真を撮るのをためらわれたので、

DSCF7675.JPG

街中のプレートを撮影。いくじなし!


これで街をぐるっと一周した感じですが、2時間ではとてもじゃないけど足りない!
もう少し時間があれば、お城の位置を確認したり、ルートヴィヒ教会をゆっくり見たりできたんだろうなあ。もちろん、そんなのゼイタクだけれど。


最後に、

 
DSCF7679.JPG


ザール川。(恐らく)連日の雨で水が茶色くなっていた!
そして、悪天候のため写真が残念なことに……。

ざっと回って、生活しやすそうな街だなあという印象を抱きました。
たぶん、ロストックともそう規模は変わらないんじゃないかな。もちろん、州都であるザールブリュッケンのほうが華やかだとは思うけれど。

慌ただしくはあったけれど、思い切って来てよかったなあ。


ここから、モーゼル川沿いに北上。
コブレンツを経由して、ルール地方に向かいます。


Next Stop: Bochum.

ドイツでお仕事をしている幼なじみとひさしぶりの再会!
前回会ったのは昨年の12月@東京だったので、8か月ぶりかな。

ドイツで一緒に過ごした時間が長いからでしょうか。
ここに来て、改めて「再会」という気がした。

「今度日曜日にルール地方に行くんだけど時間ある?」

と、

数日前に無茶な要求を突きつけたわけですが。

応じてくれて本当にどうもありがとう。
会えてうれしかったよう。
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]