忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の留学の裏ミッションは「ロストック(ひいてはメクレンブルク・フォアポンメルン州)のよいところを発信する」こと。
ドイツにいる(来る)仲間に「おいでおいで」とラブコールを送り続けること3カ月半、2人目のお客さま・かもさんが遊びに来てくれました!

前日の天気予報には向こう3日間、くっきりと雨マークがついていましたが、最近、メクレンブルクは「降る降る詐欺」(雨が降るよと言い続けて降らないこと一週間強)が多発中。もしかしたら……と思いきや、綺麗に晴れました。かもさんが滞在される3日間はずーっと晴れ!降る降る詐欺、万歳。


BLOG7005.JPG夕方にお客人をお迎え。
まずは宿泊先にてチェック・イン。

出発前は散々田舎だのドイツの果てだの言われたロストックですが、この時期はまさにハイ・シーズン。10日後に控えている年に一度のお祭り・Hanse Sailの時期はもちろん、なにもない日曜~平日だってお部屋を取るのは難しい。
幸い、お部屋は見つかりました。なんとなんと、宿泊先はヴァルノウ川に「停泊」しているお船のホステル、ゲオルク・ビューヒナー号!わたしのお気に入りお散歩コースにあるこのゲオルク・ビューヒナー号、通りかかるたびに気になっていたのですが、今回は「案内人なのー」と堂々と(?)中に入る機会を得ました。やったー!
1960年代にロストックに売却されて、以後、貨物船として、後に船の輸送会社の船員を育てるための施設として使われていたのだそう。2003年から、今日のお船ホステルになりました。

それにしても、すごい。見ているだけでわくわくします。
わたしも一回くらい泊ってみたいな。


BLOG7006.JPGまだ陽は高く、天気もよかったので、そのままヴァルネミュンデに行くことに。
海は日ごとに違う表情を見せる、というのがJahrestageにおけるGesineの持論ですが、今日のバルト海はまさに「いつもとは違った表情」を見せてくれました。

波がものすごく荒い。

ぼんやりプロムナードを歩いていようものなら、ばけつをひっくり返したかのような水しぶきを浴びる勢い!
さすがに今日の浜辺は人の姿もまばら。ちらほらとサーファーを見かけるくらい。風も強くて、冷たい。7月とはとても思えないや。

BLOG7003.JPG

ほぼ無人のヴァルネミュンデ・ビーチ。ダイアモンドダスト。風があんまり強くて、砂浜にも小波の模様が……。


一通り海をながめて、遊歩道をのんびりとお散歩してから、夜ごはん。

04f34862.JPGネットで「ロストックのお魚レストラン」を探すと、ほとんどヴァルネミュンデのお店がヒットする。だからこそ、今日はどのお店に入ってもおいしくご飯が食べられるに違いない、とわくわくしていたのですが。期待以上のお食事でした。

Dorsch(タラ)とNordseekrabben(北海小エビ)のオランデーズソース添え、すーっごくおいしかった!まさにゼイタクの極み。これは北ドイツで食べたお魚の中でも1、2を争うおいしさ!次にお客さまが来るときにも、絶対このお店に行く!そのくらいおいしかった。
オランデーズソースってシュパーゲル(白アスパラ)のイメージが強いけれど、お魚にもすごく合う。今度おうちでやってみようかな。


BLOG7004.JPGゆっくりと日が暮れて来たので、もう一度突堤のほうまで歩いて海を見に行く。
砂浜。海。とてもうつくしい光景です。なんともロマンティックな感じがします。

が、

これでも風がものすごい勢いで吹いている!
髪はぼさぼさ、目にはゴミ、となかなか大変。

そしてさむいさむい!7月の海の気温じゃないよお。


BLOG7009.JPG海はこんな感じ。やっぱり波が荒い。というより、夕方よりも更に激しさが増している、気がする。

バルト海は小波が途切れることなく続く海、というイメージがありますが、今日はとにかく荒涼としている。

突堤の先、灯台の辺りは水しぶきがとにかくすごくて、普段は人がくつろいでいる場所(一応立ち入り禁止)も無人……かと思いきや、いた!2人!スリルが味わいたいのかなんなのか。ただびしょぬれになるだけならまだいいけど、波にさらわれたりしないか、あれ。曲がりなりにも立ち入り禁止の場所だし。

ぜひ穏やかな海を見てもらいたかったところだけれど、それは明日以降に期待かな?


「北ドイツよいとこ!」おもてなし大作戦は、まだまだ、続く。
PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

ロストクへごー

さて,特急は北ドイツを東に向かって走ります.いつの間にか,シュレスヴィヒ=ホレシュタイン州に入り,そしてさらにメクレンブルク=フォアポンメルン州に突入します.ついた先はハンザ都市ロストクです.バルト海に面した素敵な街ですよ.夏の週末を過ごすには完璧な場所
ねぎとろ丼日乗 2010/07/30(Fri)20:01:31

かれんだー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]