忍者ブログ

ゆうゆう自適。

つらつら、まったり。つれづれ(不定期)雑記帳。海風薫るロストックから伯林、そして再び東京へ。再びドイツへ「帰る」日を夢見て、今日も今日とてしゅぎょう中。
2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツを離れている間、ドイツ関係の郵便物はハカセ(仮)宅に転送させていただいております。

解約した保険会社から解約通知が届いたほか、特に何事もなかったのだけれど、先日ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)から手紙が届いたとのこと。

「あなたの住所に送ったらあて先不明で返ってきてしまいました、新しい住所をお伝えください」

というメールが2週間ほど前に届いたので、ハカセの住所を伝えたのだけれど、いやーな予感がしたのでハカセに「ドイツ鉄道から手紙が来たら、中身を確認してもらえる?」とお願い。

案の定、「BahnCard50を選択してくれてありがとう!230ユーロ払ってね」という内容の手紙が届いた。

BahnCardは、有効期限の6週間前に解約しなければ自動的に延長されてしまう。
それがわかっていたので2カ月以上前に解約依頼を出し、解約依頼を受理したという旨のメールを受け取っていた。PDFファイルも手紙もなかったけれど、「受理しました」とあったので、これで手続きは終了なのだと思っていた。

それが勝手に契約を延長され(タチの悪いことに「延長」ということばは使わず、「新規契約」であるかのような印象さえ与えるけれど、有効期限を見れば明らかに「延長」だとわかる)、勝手に請求されている。

ふ ざ け る な

すぐさま該当のメールを転送し、「確かに解約した、新規契約はしていない、よろしく」と書いて送った。


BahnCardを契約しているみなさま、どうぞドイツ鉄道にはご注意を……。

ネットの口コミによると、一年以上契約を継続させない場合は「買って即解約(一年のみの契約)」が一番安全らしい。たしかに、忘れる前にさっさと解約してしまったほうが安全といえば安全。いやな顔をされても、もはやお互いさまのような気がする。

PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

かれんだー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新こめんと

[09/21 YuN]
[09/17 むさぴょん]
[09/15 YuN]
[09/14 ぶた]
[09/14 YuN]

最新とらっくばっく

ぷろふぃーる

YuN


ドイツ生まれ、ドイツ育ちの「なんとなく日本人」。根っからのラインラントっこ。

日本の大学院で現代ドイツ文学を勉強中。ただいま、ドイツにて「しゅっちょう」修行の旅の途中。今やすっかりメクレンブルクの空と大地と海に心を奪われています。
夢は、日本とドイツをつなぐ「ことばや」さんになること。

深刻になりすぎず、でも真剣に。
こつこつ、しっかり、マイペース。がんばりすぎない程度にがんばります。

2010年4月-9月までロストック(メクレンブルク・フォアポンメルン州)、10月-2011年3月までベルリンに滞在。再度ドイツに留学することが、今後の目標のひとつ。

ぽつぽつと、不定期的に過去の日記を埋めていきます。


ぶろぐ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- ゆうゆう自適。 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]